No hate. No violence
Races? Only one Human race
United We Stand, Divided We Fall
Radio Islam
Know Your enemy!
No time to waste. Act now!
Tomorrow it will be too late

English

Franç.

Deutsch

Arabic

Sven.

Español

Portug.

Italian

Russ.

Bulg.

Croat.

Czech

Dansk

Finn.

Magyar

Neder.

Norsk

Polski

Rom.

Serb.

Slov.

Indon.

Pers.

Türk.

日本語

汉语

ワシントン最強の親イスラエル圧力団体
「AIPAC」

 

 

●イスラエルとアメリカは特殊関係で結ばれているとよく言われる。特殊関係というのは、単なる同盟関係ではないという意味である。アメリカのあらゆる援助なくしてイスラエルの国家存立そのものが危ういし、逆にイスラエルの意向を代弁する在米ユダヤ系市民は、アメリカの大統領選挙の行方を左右するほどの力さえ持ち続けてきた。イスラエルは、そして中東問題は、アメリカにとって国内問題であるといってよい。

 

 

 

●アメリカの全人口のうちユダヤ系は3%足らずの約600万人とされる。数字の上では大した勢力ではないが、彼らはニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスといった大都市の周辺に集中的に住み、選挙にあたっては特定の候補者に集中豪雨的に投票する。こうした地域は全米の政治動向を左右するので、そこからユダヤ票の威力が生まれてくるわけだ。

これはユダヤ票の「地すべり効果」とも呼ばれている。ユダヤ系市民の政治意識は高く、したがって彼らの投票率は他のエスニック集団に比べて格段に高い。その団結力も強い。それが「地すべり効果」を生むのである。


●在米ユダヤ勢力を政治的に指揮しているのは、「アメリカ・イスラエル広報委員会(AIPAC)」である。

ワシントンの国会議事堂から歩いて数分のところのビルに事務所をかまえている。AIPACは、ワシントンで最強のロビー団体であり、イスラエルに有利な動きを促進し、不利な動きをつぶすため、議会や政府に強力に働きかけることを任務としており、実質的にはイスラエルの「第2外務省」の役割を演じている(会員は現在5万人を超える)。

 


「AIPAC」のシンボルマーク

 

●もしアメリカの政治家が親アラブ的発言をしようものなら、たちまちAIPACに反ユダヤ主義のレッテルを貼られ、ナチス呼ばわりをされ、政治的生命を葬り去られてしまう。1984年の選挙ではチャールズ・パーシー上院外交委員長がこの憂き目にあっており、政治家にとってははなはだ恐ろしいお目付け役である。

 
 


AIPACに賛美の言葉を重ねる
エドワード・ケネディらアメリカの政治家たち

 
 
 
●ところで、軍事面に集中してAIPACの別動隊的役割を果たしているのが、「ユダヤ国家安全保障問題研究所(JINSA)」であり、AIPACと比べるとその強力なタカ派色が目立つ。

「イスラエルこそ中東におけるアメリカの最も信頼できる同盟国にして戦略的資産」との立場から、アメリカとイスラエルの安全保障の一体性を訴えていて、反アラブ強硬路線を仕掛け続けている。

 


「JINSA」のシンボルマーク

 

●アメリカでは大統領が外交政策決定過程で非常に重要な役割を持っているが、援助金は他の予算と同じように大統領が提案して、議会が修正し決定する権利を持っている。アメリカの連邦議会が歴代の大統領よりもさらにイスラエルびいきであることは、毎年大統領が申請するイスラエルへの援助金が、議会によって2割近くも増額されるのをみてもすぐわかることである。

それだけにとどまらず、イスラエルへの経済援助金は、全額を会計年度が始まったら30日以内に送るよう全力を尽くせという但し書きをつけて、議会は大統領に渡すのである。これも「特別な関係」の一面である。


●ちなみに、アメリカの外国援助金の約半分がイスラエルとエジプトの2国に支払われ、残りの半分が百何十ヶ国に分配されている。イスラエルへの支援金は膨大で、計算によるとアメリカの納税者は1日当たりイスラエルに1020万ドルも無償で与えていることになる。

 


人口1人当りアメリカからの援助の多い国(1996年)

 

●かつて、イスラエル首相メナヘム・ベギンがホワイトハウスを訪ね、レーガン大統領に巨額の援助を求めた。

「ご趣旨はわかるが、議会がうるさいので」とレーガン大統領が口ごもったところ、ベギン首相は「議会のほうは私におまかせ下さい」といって胸をたたいたという。アメリカ議会に対するロビー工作で、いかに自信満々かを物語るエピソードだ。

アメリカ政府は対イスラエル関係で新しい決定を下す時は、駐米イスラエル大使に公式に伝える前に、AIPAC首脳に相談や打診をすることもよくあるという。


●トーマス・ダインAIPAC代表は、1986年4月、ワシントンでの第27回AIPAC年次政策会議の席上、次のように語った。

「AIPACは、ホワイトハウスや議会だけでなく、国務省、ペンタゴン、財務省、CIA、さらに商務省、農務省にまで親イスラエル勢力を拡大させている」

 


トーマス・ダインAIPAC代表

 

●また、アメリカにおいてユダヤ人たちがどれほど政治的、経済的さらにはマスコミにおいて力を持つようになったか、ユダヤ人がユダヤ人自身を自画自賛する本がアメリカのユダヤ出版社から出版された。

著者はユダヤ人ジャーナリストのJ・J・ゴールドバーグで、その本の題名は『ユダヤ・パワー 〈アメリカ系ユダヤ人エスタブリッシュメントの内幕〉』というものである。

(もしも、このような内容の本を、非ユダヤ人が執筆して出版したなら、アメリカのユダヤ人たち、特に「ADL」の強烈な反発を受けるであろう。そして、「反ユダヤ主義者」という烙印を押されてしまう。しかし、この本の著者はユダヤ人で、出版社もユダヤ系だから、彼らは黙って見過ごしている)。

 

 
ユダヤ人ジャーナリストの
J・J・ゴールドバーグが書いた『ユダヤ・パワー』

 

●この本の中で、J・J・ゴールドバーグは、アメリカにおけるユダヤ人たちがどのようにしてその名声を馳せ、かつ台頭してきたか、その歴史を物語ると同時に、アメリカ国内で複雑に組織化されているユダヤ・コミュニティーによってイスラエルはどれほどの恩恵を受けているのか、そのことをも客観的に分析している。

この本の導入部分には次のようなことが書かれている。

「我々アメリカのユダヤ人は、その歴史がアメリカに始まった350年間のうちに飛躍的成長を遂げた。特に、政治的なことにおいてそうであろう。もはや我々の敵はアメリカにおいて見い出すことはできない。おそらく2000年前のユダヤ・ディアスポラ、すなわち離散以来、はじめての現象といえるのではないか。」


●さらにこのユダヤ人ジャーナリストは誇らしげに言う。

「世界から多くの元首や政治家たちがアメリカにやって来る。彼らの訪問はアメリカの政治家たちに会うためではなく、国連を訪問するためである。彼らがアメリカを訪れた時、必ず通らなければならないコースがある。それがユダヤ・コミュニティー事務所、そしてADL(ユダヤ名誉毀損防止連盟)ニューヨーク事務所である。

ワシントンD.C.では多くの大使館が軒を連ねているが、そのうちの13の主だった大使館の中には『ユダヤ・デスク』が設けられ、彼らは常にユダヤ・コミュニティーとの親密な関係を維持しようとしているのだ。」






今日の米国ユダヤ人の経済力

『いわゆるヒトラー一派のガス室といわゆるユダヤ人の虐殺は、同一の歴史的嘘である。この嘘のおかげで、非常に大きな政治的・金銭的詐欺行為が容認され、そのおもな受益者はイスラエル国家と国際シオニズムであり、そのおもな犠牲者はドイツ国民―その指導者ではない――とパレスチナ民族全体である。』

— ロベール・フォーリソン教授博士

Palestine banner
Viva Palestina!

What is this Jewish carnage really about? - The background to atrocities

アウシュヴィッツでの死亡者は何名か?
ロベール・フォーリソン

ホロコースト修正主義についてのQ&A

Judaism is Nobody's Friend
Judaism is the Jews' strategy to dominate non-Jews.

Jewish Manipulation of World Leaders - Photos 

Elie Wiesel - A Prominent False Witness
By Robert Faurisson


Iraq under Jewish occupation
Iraq - war and occupation


アウシュヴィッツの争点
木村 愛二

写真はナチスのユダヤ人絶滅を証明しているか? 
ウド・ヴァレンディ

Hasbara - The Jewish manual for media deceptions

総統代理ルドルフ・ヘスの遺産
マーク・ウェーバー

Britain under Jewish occupation!


Jewish World Power
West Europe    East Europe
Americas          Asia
Middle East       Africa
      U.N.              E.U.

 

The Internet and Israeli-Jewish infiltration/manipulations

Books - Important collection of titles

フランスのイスラエル=シオニスト・ロビー
ロジェ・ガロディ著

我が闘争
アドルフ・ヒトラー (抄訳)

Jews and Crime  - The archive!

When Jews rule...
The best book on Jewish Power


Sayanim - Israel's and Mossad's Jewish helpers abroad

ルドルフ報告 - アウシュヴィッツの「ガス室」の化学的・技術的側面についての専門家報告

The Israeli Nuclear Threat

The "Six Million" Myth

Jewish "Religion" - What is it?

Medias in the hands of racists

Down with Zio-Apartheid
Stop Jewish Apartheid!

Israel controls U.S. Presidents
Trump, Obama, Bush, Clinton...

修正主義の勝利
ロベール・フォーリソン

The Jewish hand behind Internet The Jews behind Google, Facebook, Wikipedia, Yahoo!, MySpace, eBay...

アメリカのイスラエル=シオニスト・ロビーロジェ・ガロディ著

The Jews behind Islamophobia

ワシントン最強の親イスラエル圧力団体

The Founding Myths of Modern Israel
偽イスラエル政治神話
ロジェ・ガロディ著


Jewish hate against Christians
By Prof. Israel Shahak

シオニスト『ガス室』謀略の周辺事態

トレブリンカ - 絶滅収容所か通過収容所か
C. マットーニョ、J. グラーフ

Karl Marx: The Jewish Question

アウシュヴィッツ:伝説の終焉
カルロ・マットーニョ

"Anti-Semitism" - What is it?

動画   

The Jews Banished 47 Times in 1000 Years - Why?

シオン長老の議定書

The International Jew - By Henry Ford

Pravda interviews Ahmed Rami

The Founding Myths of Modern Israel
Shahak's "Jewish History"


1980年代のイスラエルの戦略 この記事は1982年2月『Kivunim、A Journal for Judaism and Zionism』の第14号、冬季5742にヘブライ語で掲載されたものである。

Judaism and Zionism inseparable

第二次大戦中のドイツの強制収容所における殺人ガス処刑についての目撃証言
ユルゲン・グラーフ

"Jewish History" - a bookreview

写真  

アウシュヴィッツ国立博物館員ピペル博士へのインタビュー
デイヴィッド・コール

Racist Jewish Fundamentalism

The U.S. cost of supporting Israel

Talmud unmasked
タルムード抜粋一例

Jews DO control the media - a Jew brags! - Revealing Jewish article

航空写真と矛盾している12の「目撃証言」(J.ボール)  

Quotes - On Jewish Power / Zionism

今日の米国ユダヤ人の経済力

政治漫画 

戦いに参加する - Join the Fight!